過去デッキの最新版レシピ① ドラゴンストーム

どーも、はんぺんです。

そろそろショップ大会が再開してほしい今日この頃、いかが
お過ごしでしょうか?
私はデジタルでのプレイ時間が増えた結果、アリーナが初のミシックランクに。
とはいえガチなメタデッキなもんで
ここで載せるようなもんでもないです。

確かにデジタルという選択肢も悪くないけど、どうしても勝利至上主義になってしまうなあ…
私の場合、変わったカードで相手を驚かせたい、というポリシーはあるものの
オンライン上ではそこまで手ごたえを感じないんだよね…
動画投稿でもやってみようかな?

それはともかく、世は大相棒時代。
(というかだいたいヨーリオンとルールスが悪い)
これまで使ってきたデッキもそろそろアップデートしないともはや
プレイに値しないだろう。

まずはおなじみドラストから。

ダイス.jpg

パイオニアでおなじみ睡蓮型だが、主に2つほど変更点がある。

①はびこりの採用
はびこり.png

<むかしむかし>がモダンで生きていた頃は土地コンボとのスピード勝負のため
睡蓮の原野サーチを重視していたが、相棒の登場で環境がややフェアデッキ寄りに。
そのため5枚目以降の原野として、重ね引きしても事故になりにくく
ドラゴンたちの素出しにも使えるはびこりを採用。
もちろん3ターン目原野→土地起こし→これをエンチャントからのブン周りも期待できる。

②イコリアからの新戦力
残念ながらイコリアにはドラゴンがほとんどいなかったが、(2マナでやたら強い奴はいた)
脇を固める待望の新カードを手にいれた。

火の予言.png
まず<火の予言>。
待望のキャントリップ付き2マナ除去であり、
なんとボトムにカードを送れるという
このデッキでは実質更なるメリットがある。
コントロールでもコアトルやウーロを採用しまくっているため
当てる先に困ることが少ない印象。
メインだけでも2種類のサリア、呪文捉え、大歓楽、月メイガス、レオニン、漕ぎ手、翻弄と
仮想敵には事欠かない!

萎れ.png
次に<萎れ>。
驚異の帰化のサイクリング付き上位互換であり、
<虚空の杯><血染めの月>にメインから対応できる便利なカード。
いざという時には自分の<はびこり>に当ててストームカウントしよう。
これらにより3色化してマナベースも変更。

あとジェガンサ(小声)
ラスリスとヴァルカス外すだけで入れれることに気づいたから入れたけど
今のところ出したことないし要らないかもしれない?
ジャンドやバント戦で出すことがあるかも…その頃には敗色濃厚そう

サイドにウーロが雑に入っているのは強いのでしゃーない…
対バーン戦にコイツで勝つとドラゴンなんていらんかったんや!となる模様。

しっかし環境の変化が激しい…
じっくりと記事を書いても新弾で過去のものになってしまう恐れがあると
あんまり書く気が起きない。
まあこれはこれで楽しいところはあるのでそこまで不満はないけどね。
相棒システムも一部(ルーとヨー)が条件ガバなのに強過ぎて使わざるを得ない
状況になっているだけで
縛りキツめならはひとつの選択肢程度で済みそう。

ただもうちょっと種類が欲しいのは事実…
現状採用できる相棒ごとでのアーキタイプ別の不公平感がヤバいので
とりあえずあいつら(ルとヨ)は至急なかったことにせよ!
なかった.png白黒と青白の相棒はいなかった、いいね?」

しかしこんな調整ムズイメカニズムよく出したな
これからもっとやべー奴が出てきそうでオラワクワクすっぞ()

この記事へのコメント